味が薄い料理・失敗のリカバリー方法!簡単!捨てるの待った!

味が薄い料理のリカバリー方法 食べ物

料理が出来上がって、味を見てみたら味付けが薄かったりする事よくありますよね。

そういう場合のリカバリー方法は知っておくととっても便利!

今回は、よく失敗する事のある料理をリカバリーする方法をご紹介します!

スポンサーリンク

炊きこみご飯の味が薄い時!

炊きこみご飯は、炊きあがる前に味を見てもよくわからなかったりするので、炊きあがってから、味をみたら「薄い・・・」という事はよくあるんじゃないでしょうか^^;

そんな時に味を調整するのにおすすめなのは「塩」です。

お塩はもともとの味を引きたたせてくれるものなので、炊きこみご飯にもパラパラとかけて混ぜれば、味の調整が可能です!

他には、「醤油」も手っ取り早くおすすめです^^

醤油は少量回しかけて、混ぜたら炊飯器でしばらく蒸らします。

少量ならべちゃっとする事もなく、炊きこみご飯の味を調整する事が出来ますよ。

◆その他にも炊きこみご飯の味のリカバリ方法はたくさん!
【炊き込みご飯の味薄い!という時の修正・調整方法!】

肉じゃがの味が薄い時!

肉じゃがも味が薄かったり、味がなかなか染みなかったりと、難しい料理のひとつです。

肉じゃがの煮汁自体が薄い時にプラスするおすすめの調味料は「すき焼きのタレ」

すき焼きのタレは肉じゃがに必要な調味料が全部入っているので、手軽に味の調整が出来ます。

煮汁の味は大丈夫なのに、具材になかなか染みないという時は、肉じゃがが冷めるくらいの時間をしっかりと置く事です。

時間を置く事で、しっかりと具材に味が染みますよ^^

◆調整しすぎて味付けに失敗した時にも↓
【肉じゃがの味が薄い時に濃くする方法!何か足りない・染みない時も!】

スポンサーリンク

味噌汁が薄い時!

味噌汁も出来上がってみると、何か足りない!という事ありますよね~。

後、作ってみたら意外と味噌の残りが少なくて足りなかった・・・とかもありませんか?

そういう時におすすめなのが、「醤油」

醤油は味噌と同じような作り方と原料なので、味噌汁に入れても違和感なし!

むしろコクが出ておいしくなるんですよ^^

粉末だしを使っていて、だしの風味が飛んでしまっている場合は最後に粉末だしを足す事で、風味をプラスする事ができますよ。

味噌汁のリカバリーについてもっと詳しく!↓
【味噌汁が薄い時はどうする?味噌がない場合にもおすすめ!】

ご飯が硬いとき

ご飯もうっかり水分量を間違えて炊いてしまったりして、炊きあがると硬いなぁと思う事ありますよね。

少し硬い場合は「日本酒」を1合につき小さじ1を振りかけて、混ぜてから炊飯器で蒸らせば、ちゃんとやわらかいご飯になりますよ^^

1合分くらい水が少なく炊いてしまって、芯が残っている!というくらい硬いなら、お鍋に沸かした1合分のお湯にご飯を投入して、ザッと混ぜたら炊飯器で保温して蒸らしましょう。

それだけでしっかり柔らかいご飯になってくれます^^

ご飯が硬いのは水分量が足りない、蒸らしたりないという事もあるので、水分量が足りない場合は水分を足して蒸らす。

ただ蒸らしたりない場合は、15分以上は蒸らしてみて下さいね。

◆レンジでも簡単リカバリー!リメイク方法も↓
【ご飯が硬いときの復活方法!柔らかくするには?リメイクも!】

まとめ

料理には失敗もつきものです。

ただ、失敗したからといって全部捨てるというのももったいない!

出来るだけリカバリーしたり、リメイクしたりして美味しく食べられるといいですよね^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました