炊き込みご飯の味薄い!という時の修正・調整方法!

食べ物

ホカホカ炊きたての炊き込みご飯。

おいしいですよね!

炊き込みご飯を、良い味で仕上げられたか少し味見したとき、「あれ?味が薄い…?」と困ったことはありませんか?

そんなときに味の修正や調整ができれば、美味しく食べられますよね!

今回は炊き込みご飯の味が薄いときにおすすめの調味料や修正・調整方法を紹介していきます。

その他の料理の失敗の修正方法は↓
【味が薄い料理・失敗のリカバリー方法!簡単!捨てるの待った!】

スポンサーリンク

炊き込みご飯の味薄い!という時はコレ!

炊き上がった炊き込みご飯の味が薄いときに、私がよく行う修正法を紹介しますね。

まず、味が薄いときにおすすめなのは「塩」です!

炊き上がった炊き込みご飯に、味見をしながら塩を少量パラパラと振りかけ混ぜてください。

加減を味見しながら調整できるし、液体調味料でベチャベチャに…なんていうこともないので便利です。

一気に大量の塩をかけると塩辛くなってしまうので、少量ずつが基本です!

塩分の取りすぎになってしまうので注意してくださいね。

塩にも種類がありますが、食卓塩が無難です。

洋風炊き込みご飯だとマジックソルトを使っても美味しく仕上げられます。

味見が面倒な場合は、塩を使っておにぎりにしてしまうのもおすすめですよ。

炊き込みご飯の味の修正方法!

炊き込みご飯の味を修正する方法はまだまだあります!

1.醤油を使う

炊飯器に入っている炊き込みご飯にしょうゆをくるっと回しかけて混ぜるだけ。

その後、しばらく蒸らします。

蒸らす事で、べちゃっと感が軽減されます。

やっぱりべちゃっと感が気になる!という方は、フライパンに炊き込みご飯を入れ、醤油を少量足して炒めてください。

フライパンで炒めることで、ご飯がべちゃっとするのを軽減され、ちょうどいい味になります。

ちょっと香ばしくもなるので、さらに美味しく食べられますよ^^

2.鶏肉や野菜を甘辛く煮る

炊き込みご飯に入れた具材がまだ余っていたら、その具材を甘辛く煮ましょう!

その具材を炊き込みご飯に混ぜれば薄味だったごはんにちょうどよく絡み、美味しく食べることができます。

3.ほんだしを活用!

和食を作るときにはかかせない「ほんだし」。

炊きたての炊き込みご飯にほんだしを入れ混ぜてください!

鰹節の風味が効いて、いい仕事してくれますよ。

4.塩コンブを活用!

白い炊きたてのごはんに塩コンブも、めちゃくちゃ美味しいですが、炊き込みご飯の味が薄い場合にも活用できます。

お茶碗に盛り付けてから、各自で好きな分量入れて調整してもらってもいいですよ。

5.雑炊やリゾットにしてしまう

どうしても、味の修正がうまくいかないときは、思い切って雑炊やリゾットにしてしまいましょう!

案外この方法が美味しく食べられるかも?

雑炊なら味の修正も簡単にできますし、リゾットならチーズをプラスすればコクがでて美味しくなります。

スポンサーリンク

炊き込みご飯の味の調整方法!

何の修正もしていない炊き込みご飯を、のせたりかけたりしただけの簡単にできる調整方法も紹介していきます!

1.味付け海苔

味付け海苔を切ってパラパラごはんにかけます。

おにぎりにして、味付けのりを巻いてもいいですね^^

私は、味付け海苔でご飯を一口サイズお箸で巻いて食べています。

味付け海苔は手がベトベトになるので・・・おすすめですよ^^

2.ごましお

ほとんど味のないお赤飯でも、ゴマ塩を掛ければ、とっても美味しくなりますよね^^

それと同じ感覚で、それぞれ盛り付けた炊き込みご飯の上にゴマ塩をかけるだけ!

ごましおの旨みで薄味炊き込みご飯も美味しくなりますよ。

3.バター醤油

バターと醤油を混ぜるだけ。もちろんマーガリンでも可!

醤油で味が足されるのと、バターでコクがでます。結構やみつきになりますよ。

鰹節をプラスすると、カツオの風味がプラスされて、さらに味が増しますよ。

4.えのき茸

炊き込みご飯を作る時にえのき茸を入れて炊くと美味しいんです!

味が薄い炊き込みご飯に混ぜるのにもちょうどいい味の濃さですよね。

5.ごはんですよ!

瓶に入って売っている「ごはんですよ」も旨みがたっぷりで、薄い味の炊き込みご飯の修正にピッタリです!

あまりたくさん混ぜすぎると、「ごはんですよ」が勝ってしまうので、少量ずつ足してみて下さいね。

まとめ

炊きあがってみたら、味が薄くてガッカリな炊き込みご飯も、今回紹介した調味料や材料を使うことで、修正・調整が可能です!

炊き込みご飯の具材の種類や味付けによって、合う合わないはあると思うので、直感では怖いという場合は、少量で味見をしてみて決めて下さいね。

プラス調味料で逆に、一味も二味もみちがえるくらい美味しくなる事もありますよ^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました