箱の中身はなんだろなの中身で子どもにおすすめ!面白いのはコレ!

レクリエーション

クリスマスや誕生日会、お楽しみ会などでもおなじみの『箱の中身は何だろな』

地域によっては、「箱の中身は何でしょね」や「ブラックボックス」など呼び名は違いますが、遊び方は一緒ですよね。

箱の中に手を入れる時のドキドキ感がとっても楽しいゲームです^^

でも、主催側は箱の中身は何をいれようか・・・と結構悩むと思います。

今回は、子供むけの『箱の中身は何だろな』のおすすめの中身をご紹介します!

スポンサーリンク

箱の中身はなんだろなの中身で子どもむけ!

箱の中身は、触って何かを当ててもらわないといけないので、子供も知っている物じゃないとダメですよね。

あまり難しすぎても楽しくないので、まずは子ども普段よく使うものや、身の回りによくあるものを中身として使うといいですよ。

例えば文房具
・えんぴつ
・消しゴム
・じょうぎ
・ノート
・書道や絵具の筆

文房具は、一番簡単かなと思います。

小学生であれば、毎日のように触っているので結構簡単に当てられるんじゃないでしょうか。

他には、日用品やおもちゃもおすすめです。

・ブラシ(くし)
・歯ブラシ
・コップ
・ティッシュ
・なわとび
・麦わらぼうし
・こま
・電卓
・ドライヤー
・靴下
・スリッパ
・めがね(おもちゃ)
・ペットボトル
・風船
・スマホ

お家にある日用品は、文房具ほどじっくり触ったことはないと思うので、ちょっと悩んでもらえるレベルの難しさだと思いますよ^^

触ったりしたときに、ケガをする可能性がないか?だけはしっかりと確認して、安全なものを使ってくださいね。

箱の中身はなんだろなの中身のおすすめ!

もし、食材がOKなら果物や野菜もおすすめです。

・りんご
・みかん
・ピーマン
・たまねぎ
・じゃがいも
・にんじん

本当は、豆腐やこんにゃくなど、ふにゃっとしていたり、濡れていたりするものが面白いですが、ゲームに使うと食べられなくてもったいないですよね。

果物や野菜なら触っても後で食べられますし、常温保存でOKなので用意しやすいですよ^^

ツルっとした質感やざらっとした質感など、いろんな手触りのものがあって面白いです。

果物や野菜のアレルギーの子がいるので、そこは念のため確認しておきましょう!

きゅうりやナスのヘタの部分など、トゲがあるものもあるので、そういうものもやめておく方がいいですね。

スポンサーリンク

箱の中身はなんだろなの中身で面白いのはコレ!

無難なものをいろいろご紹介しましたが、お次はちょっと手触りがドキッとして面白いものです!

1.たわし

ファーストタッチは、「なんかかたい毛がある!チクチクする!?」とびっくりするアイテムです。

箱の中身はなんだろなの定番中身アイテムです!

2.濡らしたスポンジ

ドボドボの状態だと、箱がダメになるので、しっかり絞った状態でOKです。

それでも、思い切って触ってみたら、濡れている!と分かるので、「なに!?」とビックリしちゃいますよ。

3.ウィッグ

丸めた新聞紙にウィッグをかぶせて置くと、まるで人の頭のよう・・・。

悲鳴が上がること必至です!

4.ぬいぐるみ

動物のぬいぐるみで本物に近い毛並みのあるものがおすすめ!

毛並みの感触で「動物がいる!?」と思ってくれる子もいるかも?

何かわからない毛の塊を触るのも、ドキドキするものです。

5.おもちゃのへび

出来れば、リアルな質感のものがあるといいですね。

答え合わせしたときに、「キャーッ」となるかもしれません。

6.ゴキのおもちゃ

これはもう、箱に入れた時に観客の子たちが「キャーッ」となります^^

手で触ると、足の部分で「虫・・・?」とわかる子はわかるとおもいますよ!

7.スライム

しっとり濡れていて、ぐにゅっとする触り心地は、目をつぶって何かわからない状態で触らされると結構気持ち悪い!

形がないので、広くて浅い容器に入れて置くといいですよ。

8.凍っている保冷剤

これは、すぐわかっちゃうかもしれませんが、冷たくてびっくりします!

9.コロコロクリーナー

触った時にペタッペタッとくっつくのが面白いです!

10.松ぼっくり

自然のものも中身として使えます。

松ぼっくりは、硬くて触った感じゴツゴツした感じがあって、面白いです。

最近の子はガッツリ触った事がない子もいるかもしれませんね。

意外とちょっと難題かもしれません^^

11.石

石も、いろんな手触りのものがあって楽しいとです。

ちょっと大きめの石がわかりにくいと思いますよ^^

箱の中身は何だろなの中身まとめ

箱の中身は何だろな?の中に入れるアイテムをいろいろご紹介しました!

子供向けなので、身の回りにあるもの、自然のものなど、子供が触れる機会が多いものを中心に考えてみてくださいね。

また、触ってケガをしないか、アレルギーの有無なども合わせて確認して安全にも気を付けてあげるといいですよ^^

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました